読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタムが人気 | パイロット

おすすめ
3本目の万年筆になります。クライアントさんにもこの話をしてお勧めたところ!大変喜ばれました。日本語の運びに滑らかにペン先が滑ります。

イマが買い時♪

2017年03月18日 ランキング上位商品↑

パイロット カスタムPILOT(パイロット) CUSTOM74(カスタム74) 透明軸 万年筆 FKK-1MR (10000) 【RCP】

詳しくはこちら b y 楽 天

色々試したんですけど!やはり日本製は良いですね。今はパイロットの黒インクを入れて使っていますが!せっかくのスケルトンボディなので他のお色を入れて楽しみたいと思っております。とっても書きやすいです♪しかも自分のペンネーム入り♪世界で一個ですね!!Fをコンバーターと一緒に購入しました。シルバーと透明ボディがとても上品です。透明なのでちょっと見た目が安っぽい気もしないでもないですが!書いた感じが滑らかなのでお金をだして買った感じがします(笑)。スラスラと書けるようにしたければ、スリットを少し拡げる必要があると思います。74の黒を持っていたのですが、インク残量がぱっと見て分からなかったので、スケルトンタイプを購入しました。ペン先は硬めの細字を購入しましたが、書き味は実際にかなり硬く、(インクにもよると思いますが)フローは渋めに感じましたので、人によっては力を入れないとインクが掠れて書きにくいかも知れません。重いようなら外しても大丈夫だと思います。やはりスケルトンは良いですね!コンバータをCON-70にしたらインクカラーがかなり見えるので!インクをいれるのが楽しみになりました。コンバーターは!スクリュータイプではなく!押して吸い上げるタイプなのが初めてでした。万年筆を使用するペン習字を初めて半年経ったので!そろそろ付属のデスクペンではなくマイ万年筆でも書くようにしたいなと思い!少し前から目をつけていたこの商品を買いました。友人へのプレゼント用に購入しました。さらに軸が透明なので!インク量をすぐ確認できるので便利です。コンバーター70が1.1ccと万年筆ではこれが一番大量に入ります。やはり日本語を書くには!国産メーカーだと思います。デザインはもとより!書き味も適度な重みが伝わり大変しっくりきました。キャップはスクリュー式で回して開けますが、この「回して開ける」という動作で頭をかくモードに切り替えることができます。名入れをしたかったのに!主人としてはないほうが良いらしく出来ませんでした。キャップはひねって回し開けるタイプで!二重蓋になっていてスモークがかかっています。ラミーのEF より若干細い書き味です。このカスタムも、こだわりの詰まった万年筆だと思います。パイロットのシンボルともいえるキャップの丸玉クリップは好みが分かれる所ですが!手帳に挟むような使い方でなければ!さほど気にならず!むしろこれがあった方が万年筆らしさが出ています。Fですが、極細でないといやな人でも、許容範囲内の細さだと思いました。Fを購入しましたが、もう少しカリカリしたイメージでしたが、実になめらかです。デザインは透明軸だとおもちゃっぽく見えるのではないかと心配でしたが、キャップにスモークがかかっているので格納したペン先はうっすらとしか見えず、しっかり高級感は出ていました。実はちょっと前に別のお店で同じカスタム74の極太のMSペン先を購入したのですが!むしろこちらは紙のザラツキを感じます。。税理士試験用に購入しました。書き味に感動するとは思いもよりませんでした。(太いペン先ほど書き心地は滑らかになる傾向があるみたいなのですが・・・ MSペン先の方がいわゆるハズレだったのでしょうか?それとも特殊なペン先故なのでしょうか?)主人へのプレゼントで購入しました。ブルー系グリーン系がとても映えます。大げさですが、運命の一本として付き合っていきたいと思います。普段使うつもりなので二度と片づけないですが!立派な箱に入っていてそれが気分から入る私には気持ちが上がってよかったです(笑)。インクは、セーラーのナノインク、青墨を使用しています。書き味も滑らかで満足しています。さすがですね。なお、名前彫りは透明軸ではキャップの見栄えが悪くなるだろうと私はしませんでしたが、このカスタム74の現物を見るとしなくて正解だったと思います。透明軸できれいです。金ペンか!わかりにくいのが難点ですが!喜んでもらえました。持ち心地、書き心地、インクの流れなど、それまで使っていた3000円の万年筆と比べてですが、全ての面でワンランク上です。ただこの万年筆は見た目でもとても楽しめます。実際に届いたときは、ペン自体がちょっと軽い感じがして手になじむか不安でしたが、コンバーターをセットしてみたら、ちょうどよい重さ、握り心地でした。そして同時に購入した色彩雫の紺碧をコンバーターに吸入して本体にセットしてみて雰囲気また感激し、さらに文字を書いてみてその色の綺麗さにまた気持ち良くなり、そしてなにより一番感動したのがその引っかかりをまったく感じない書き心地でした(Mペン先)。漢字がとても書きやすいです。コツがまだつかめず!あまりインクが入りませんでした。キャップを後ろにはめて使うと!安定した使い心地です。握りやすく太めな軸で、キャップを尻にはめるとちょうどいい重さになります。名入れをするなら、金色が銀色にしましたね。国産の万年筆を購入するのは初めてでしたが!目から鱗の書き味でした。リーズナブルですし、あまり人に教えたくない一品です。本試験まであと少しですが!2本体制で臨みます。しかしながら仰々しくなく普段使いにもいけます。あれこれ見ていく内にこのカスタム74が好評なことを知り、注文しました。これまであまり万年筆にこだわったことはなかったのですが、今回はカートリッジ式でスケルトンのモノにこだわってみようという事で購入しました。(自分でスリットを広げる方法はネットにも出ていますし簡単ですが!結果は自己責任なのでご注意を。万年筆は、高ければいいというものでもなく、低価格でも素晴らしい万年筆はあります。インクの色は黒が一番コントラストが強いですが!私はブルーブラックインクの書き味も試したかったのでブルーブラックインクにしました。国産でしたら他にもありますし、個人的な感想ではありますが…。まず箱を開けて!梱包の丁寧さに気持ちが良くなりました。やはり、国産の万年筆は、日本語を書くのに適しています。コストパフォーマンスに優れた万年筆です。よって星4つにしました。普段はラミーサファリを使っているのですが、書き味がラミーよりかたい感じがしましたが、書きにくさはありません。使い心地は良いそうです。プライベートの手帳用に!透明軸を購入しました。中蓋は!ゴムのラバーの付いたボールペンなどを差し込んで!ゴムラバーに引っかけて取り外して!水洗いして!またボールペンな先にくっつけてキャップにはめ込めます。)前から気になっていた万年筆でした。お金持ちになるには金でできたものを持つのがいいと学んで!72時間以内に金ペン先を使った万年筆を買おうと!どれがいいか迷っていました。感想したら青みが強くなり、ブルーインクとブラックの中間の感じになり、文章がランクアップしたいい感じになります。このカスタム74で日記を書いていると「今!1万円もする金ペンで書いている!すげ〜!」とワクワク気分になります。透明軸なのでカートリッジより、インクコンバーターを使った方がデザイン的にもカッコイイです。ペン先は、かための細字にしましたが、書き味はそんなに固くありません。毎日必ずワクワクする気分を味わえるこの万年筆を買えたのが一番得したことです。インクの濃淡も!きれいにでますし!この価格帯で素晴らしい書き心地で!使う頻度が高くなりそうです。カタログ写真では写りが地味ですが!現物は金ペン先にロジウム仕上げのシルバーでもっと鮮やかな感じです。スケルトンは、ラミーとペリカンを持ってますが、国産のスケルトンも欲しくなり、コンバーター70と一緒に購入しました。細字を手帳用にして愛用しております。私はコンバーター70(CON-70)とブルーブラックインク(INK-70)も合わせてセットで買いましたが!コストと手間を考えると初めにセットで買った方がいいです。万年筆のリピです。